OSAKACOPYロレックスコピー店舗 → 擦り傷はロレックススーパーコピーの時計では当たり前の現象です。

擦り傷はロレックススーパーコピーの時計では当たり前の現象です。

生活の中でぶつかったり、触ったことがなくても長くつけている時計で細かい擦り傷ができる場合は、磨きをかける必要があります。それでは、店長が、ロレックススーパーコピーの時計がどのように補修され、磨かれているのかについて説明します。


研磨の最初のステップは砥石と砂の棒で、それらの粒度はすべて選ぶことができて、これは時計の研磨の実際の状況に応じて選びます。粒のスケールが大きいほど、太さや研削のスピードも速くなるということです。早いほうがいいというわけではありませんが、浅く擦れたときは細い砥石を選び、砥石が擦れない地域については、バーや紙やすりで代用します。


磨きの前に先に細く磨き上げて、それから精放を行います。この時には布輪を使うことができて、毎分20,000回転の高速な研磨机の下で磨き上げを行います。この過程の中でワックスが不連続に付着することに留意しなければなりません。


以上がロレックスの磨き方のすべてですが、職人に任せたほうが損をしないと店長は言います。
前ページ: ブラック ロレックスコピー時計は、永遠の定番カラーです
次ページ: このロレックスコピー時計はどうですか。買う価値がありますか?